一級建築士過去問解説(構造)(施工)

一級建築士過去問 平成25年学科構造解説(動画) 力学問題

さらに深い受験対策をしたい方はこちら

 

動画を最後までご覧いただき、最後の画面をスクリーンショットして保存すれば、ノートのような感覚でいつでも見直し復習ができます。

一級建築士過去問 構造 第1問

・問題概要
与えられた垂直応力度分布から、作用している圧縮軸力Nと曲げモーメントMを求める問題です。
・ポイント
垂直応力度分布をNとMに分割して求めます。
その分割の方法が重要です。
分かりやすく動画で解説しています。

一級建築士過去問 構造 第2問

・問題概要
等分布荷重が作用する2つの梁のたわみの比を求める問題です。
・ポイント
公式を用いて解きます。
分かりやすく動画で解説しています。

一級建築士過去問 構造 第3問

・問題概要
荷重が作用するラーメン架構の正しいモーメント図を選択する問題です。
・ポイント
部材の変形をイメージして引張り側にモーメント図を描きます。
モーメントの値を計算しなくても正解を導けます。
分かりやすく動画で解説しています。

一級建築士過去問 構造 第4問

・問題概要
水平荷重が作用するラーメン架構の崩壊荷重を求める問題です。
・ポイント
2通りの解法があります。
1.曲げモーメント図を用いて解く方法
2.仮想仕事法を用いて解く方法
2通りの解き方を分かりやすく動画で解説しています。

一級建築士過去問 構造 第5問

・問題概要
トラスに生じる軸方向力を求める問題です。
・ポイント
トラスは解法手順を覚えれば簡単に解けます。
1.軸方向力を求めたい部材を含んでトラスを切断する
2.切断した部材を図に描く
3.切断した部材に軸方向力を仮定(引張力として仮定)
4.反力を求める(解法に不要は反力を求めない事で時間短縮を図る)
5.力の釣り合い式を用いて軸方向力を求める
手順に沿った解き方を分かりやすく動画で解説しています。

一級建築士過去問 構造 第6問

・問題概要
水平荷重が作用する構造物の正しいせん断力図を選ぶ問題です。
・解法手順
1.部材をトラス材とそれ以外(曲げ材)に区別をする
2.トラス材のうち軸方向力ゼロ部材を見つける
3.軸方向力ゼロ部材を取り除いて構成できる部材に対して曲げモーメント図を描く
4.力の釣り合いと曲げモーメント図の概形からせん断力の向き(プラスマイナス)
を判断する
手順に沿った解き方を分かりやすく動画で解説しています。

・軸方向力ゼロ部材の見つけ方
1.節点に部材が3つ集まっていて、そのうち2つが一直線になっていると、残りの1つの部材の軸方向力はゼロ
2.荷重や反力を受けない節点において、2つの部材が一直線ではなく角度を持って接合し、他には部材は接合しない場合、その2つの部材の軸方向力はゼロ

一級建築士過去問 構造 第7問

・問題概要
応答せん断力の大小関係を求める問題です。
・解法手順
1.固有周期の大小関係を求める(固有周期の公式の一部分に着目すればOK)
2.応答加速度を求める(加速度応答スペクトルを用いれば簡単)
3.応答せん断力を求める(応力せん断力=質量×応答加速度で簡単に求まる)
手順に沿った解き方を分かりやすく動画で解説しています。

さらに深い受験対策をしたい方はこちら

 

-一級建築士過去問解説(構造)(施工)

Copyright© 一級建築士、二級建築士過去問解説(学科構造) , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.